口臭の原因になる膿栓について!取るときはどうすればいい?

口の中に残っている食べカスと細菌が結びついて口臭が発生するケースが多いですが、それ以外の理由で不快な臭いが発生するケースもあります。

たとえば、ニンニクなどの臭いがキツイ物を食べたり、歯周病が原因で歯茎に膿が溜まってその臭いが口から漏れ出してしまうケースなどが考えられます。

また、喉の奥に膿がたまって、嫌な臭いが発生するようになるケースもあります。この喉の奥にたまる膿というのが「膿栓」です。

膿栓は、扁桃腺の近くにできる細菌と白血球の死骸の塊です。

米粒大程度の白い塊ができるケースが多いですが、ドブのような臭いがするため、臭い玉という別名が付けられています。

普通の口臭は、本人に自覚がない場合が多いですが、膿栓ができると喉から鼻に抜ける悪臭を自分でも感じるようになります。
嫌な臭いがするため、あなたも気になることがあるのではないでしょうか?

鏡で喉の奥を見たときに膿栓を確認できることもありますが、穴の奥に隠れて目で見ることはできない状態になっていることの方が多いです。

ですから、喉の奥に白い塊を確認できなかったとしても、喉の奥から悪臭がする場合は、膿栓の存在を疑ってみた方がよいかもしれません。

膿栓を取るにはどうすればいい?

近年、テレビやインターネットなどで、自分で膿栓を除去する方法が盛んに紹介されています。

綿棒を使う方法、耳かきを使う方法、ピストンの水圧で除去する方法、高圧シャワーで吹き飛ばす方法などが紹介されているケースが多いです。

ただし、いずれの方法もかなり危険性の高い方法ですので、おすすめすることはできません。

また、万が一上手く除去することができたとしても、またすぐに同じものができてしまうのでキリがありません。

どうしても気になるという人は、耳鼻咽喉科を受診して、吸引機や舌圧子で除去してもらうにしましょう。または、扁桃の摘出手術を受けるなどの方法をとるようにした方がよいです。

一番望ましいのは、膿栓ができないように予防することです。

喉が乾燥すると膿栓ができやすくなりますので、口呼吸をやめて鼻呼吸を心がけたり、こまめに水分を摂取するといった口内ケアが大切です。

加湿器やマスクを使用して喉を乾燥から守って、適度にうがいをすることも効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です