口臭を強くする食べ物とニオイを消す食べ物について

口臭の原因となる食べ物として、納豆、チーズ、ニンニクやアルコールなどが挙げられます。

納豆やチーズの場合は、食べ物自体の臭いが原因です。20~30分経過すれば、唾液の持つ消臭作用や浄化作用で口臭がほとんど分からなくなります。

この場合はサラサラで新鮮な唾液をたくさん分泌することに気をつければ、あまり気にする必要はありません。

ニンニク、アルコール、キムチやラッキョウなどは食べ物の成分が臭いの原因となり、ガムや口臭スプレーで臭いを十分に防ぐことができないこともあります。

この場合は口臭が1日から3日程度続くこともあるので、食べる場合に注意しなければいけません。

また、漢方薬などの医薬品や栄養ドリンクなどを飲むことで起こる口臭もありますが、医師に相談すると口臭の起こりにくい薬に変えてもらえる場合もあります。

口臭を消す作用がある食べ物を摂ろう

口臭を消す効果のある食べ物として、牛乳や緑茶やレモンや繊維質の豊富な野菜などが挙げられます。

牛乳は水分と脂肪分が臭いの元に作用し、食事中やニンニクを食べる前に摂取すると効果が得られます。

緑茶にはポリフェノールが豊富に含まれており、ニオイ成分を中和してくれます。消臭効果とともに、殺菌作用もあるので臭いが発生することを抑えられます。

レモンは有機酸が豊富で、唾液の分泌を促す働きがあります。

唾液の分泌が促されることで消臭作用と浄化作用で臭いが減少し、タンパク質を分解する効果によって口腔内に残っている食べかすの醗酵臭や腐敗臭を抑えることができます。

また、梅干しにもレモンと同じような効果があり、唾液の分泌を促して悪臭の原因となっているタンパク質を分解することが可能です。

食物繊維には便秘の改善や整腸効果といった効果があり、口臭の原因となるガスが生じないように作用します。

他にも、ブレスケア商品には、消臭効果が期待できる成分が多数含まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です