口臭で悩んでいる人は病気が隠れているかも?

「口臭が気になってしょうがない…」「歯を磨いてもなんだか息が臭う…」という悩みを持つ人は多いですよね。

口臭は、虫歯による雑菌が原因の場合と、病気が隠れている場合に発生しやすくなります。また、緊張した場合に口の中の唾液が減少し、口臭がきつくなる生理的口臭もあります。

虫歯や歯周病が原因の場合は、治療を行うことで口臭を軽減することができます。

食べかすなどが歯につまっている場合は、口の中にたまったカスが腐敗して臭うこともあります。

このようなときは、歯のすき間などを歯間ブラシなどで丁寧にケアすることで、歯と歯の間につまった食べかすを取り除くことができます。

口臭と病気について

口の臭いが急にきつくなった場合は、何か病気が潜んでいる場合があります。

例えば、口腔がんは臭いがきつくなる病気の1つです。頬粘膜、舌癌により口臭が発生することがあります。

鼻やのどの病気では、蓄膿症、咽頭炎、喉頭炎などの炎症があるときも、膿が口の中にたまって臭いを発することもあります。

その他、消化器系や呼吸器系の病気も臭いを発生することがあるので、 原因となる病気を診断して治療することが大切です。

口臭の原因はいろいろある

女性はホルモンランスが乱れた時に、臭いがきつくなるケースがあります。

生理や妊娠中など、ホルモンバランスの変化による口臭もあり、加齢臭など老齢期による年齢特有の口臭もみられます。

また、ニンニク、ネギ、酒などの臭いがきついものを食べた場合には、一時期ですが口臭が見られます。その他に、喫煙やストレスが原因で臭う場合もあります。

舌苔は舌の表面が白く苔のようにたまり、それが臭いの原因になるので舌を綺麗にすると臭いが軽減します。

口臭は周囲の人を不快にさせてしまうものです。近づいた時に相手の人が嫌な素振りをする、顔をしかめるなどの経験がある方も少なくありません。

いろいろな対策をしても口臭が出ているようなら、病気を疑ってみる必要もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です